• トップ

自動車保険料と年齢の関係

自動車保険の費用は同じ補償内容であっても様々な条件で変わってきます。まず年齢です。免許を取り立てのときや年齢が若いときは最も高額になり、年を重ねるごとに徐々に安くなっていきます。40代から50代にかけて最も保険料が安くなり、その後高齢になるにつれて再びアップしていきます。これは自動車事故の発生率を元に費用が算出されているからです。つまり、免許取り立てや若者、そして高齢者は事故を起こしやすく、そのため費用はアップするという仕組みです。しかし40代から50代にかけて統計上最も事故を起こす率が低いため逆に安くなります。同様の理由でエリアも関係しています。自動車事故発生件数が多いエリアの保険料はやはり高くなります。転勤などで住む場所が変わった場合その旨を保険会社に申告しなければなりませんが、申告した後に追加の費用が請求されるということも少なくありません。そして、自動車事故を起こさなければ1年ごとに等級が上がっていき、最高で20等級までいくことができます。しかし、事故を起こすと3等級下がります。この等級によっても費用は変動します。ちなみに、保険会社を変えたとしてもこの等級は引き継がれることになります。

自動車の良い情報

新着情報

↑PAGE TOP

Menu