• トップ /
  • 自動車の安全運転と保険料

自動車の安全運転のすすめ

万一の自動車事故に備えて任意保険に加入しますが、費用を少しでも安く抑えたいなら安全運転に徹することです。なぜなら一度事故を起こしてしまうと、次年度からの任意保険料が高くなってしまうからです。安全な自動車運転の基本は、急発進や急ブレーキのような急のつく運転をしないことです。そして法定速度をきちんと守って運転するなら大幅に事故を防ぐことができるようになるでしょう。この制限速度というのはよく考えられており、きちんと制限速度で走っているときの安心感は極めて高いものとなります。それがわずか10キロ程度制限速度をオーバーするだけで、法定速度を守っていたときの安心感はどこかへ消えてしまいます。もし20キロ以上オーバーしていると咄嗟の危険回避が非常に困難になります。安全運転を心掛け、自動車事故を起こさなければ確実に等級がアップし、それに合わせて保険料が下がっていきます。しかし、事故を起こしてしまえば一気に3等級もダウンしてしまいます。3等級もダウンしてしまうと、元に戻すまでに3年間かかり、その間の保険料のアップ分は相当な額になってしまいます。そのために自損事故を起こしても事故の程度によっては保険金を請求しない人も少なくありません。

自動車の良い情報

↑PAGE TOP

Menu